でんかのほうとう【伝家の宝刀】の語源・由来

【意味】
とっておきの方法。奥の手。

【語源・由来】
元は、家に代々伝わる家宝の刀のこと。江戸時代以前の武士の家などで、その一族に先祖代々伝承している名刀のことを指した。余程の大事がない限り、使用する機会がないことから。

50音インデックスで逆引き検索