だんまつま【断末魔】の語源・由来


【意味】
死に際。死に際の苦しみ。

【語源・由来】
「末魔」は、梵語marmanの音写。身体内にある特殊な急所の意。別名「死節・死穴」とも呼ぶ。何かがこれに触れると激しい痛みを起こし、必ず死ぬとされる。これを「断つ」ことから、命を絶つこと。また、その苦しみを指す。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事