だび【荼毘】の語源・由来

【意味】
火葬。

【語源・由来】
梵語jhāpetiを音写したもの。死体を焼き、残った骨を納める葬法を指す。『続日本紀』によると、日本で最初に火葬された人は僧の道昭で、七〇〇年(文武天皇四年)のことであるとされる。

50音インデックスで逆引き検索