クレマチスの語源・由来


【意味】
キンポウゲ科の観賞用蔓性多年草。葉は複葉、初夏から夏に白・紫・桃色などの6弁または8弁の大きな車輪型の花をつける。カザグルマ・テッセンなどから改良された園芸品種が多い。また、広くはキンポウゲ科センニンソウ属植物(その学名)で、世界の温帯に約250種が分布。

【語源・由来】
「クレマチス」は、「蔓(つる)」を意味する「klema」から。「klema」がラテン語に入って蔓性植物の意の「clematis」になった。観賞植物として人気があり、「蔓性植物の女王」と呼ばれている。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事