バドミントンの語源・由来


【意味】
球技の一つ。ネットを挟み、テニス用のものよりも小さく軽いラケットで、シャトル-コックを打ち合うスポーツ。インドの競技プーナがイギリスに伝わり、世界へ広まった。

【語源・由来】
競技の整えられたイギリスの地名「Badminton」に由来する名。インドネシアのプーナで行われていた、ネット越しに皮の玉を打ち合う遊びがイギリスに伝えられ、最初にこの競技が紹介されたのが、「Badminton」だったとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事