ばくち【博打・博奕】の語源・由来


【意味】
①財物を賭け、骰(さい)・花札・トランプなどを用いて勝負を争うこと。ばくえき。かりうち。とばく。
②一か八かのまぐれ当たりをねらう行為。
③ばくちうち(博打を専業とする者。やくざ。博徒)に同じ。

【語源・由来】
「博打」は、「ばくうち」の約。「博奕」と書くのは、漢語「ばくえき」の字面を借りたもの。「博打」の「博」は、サイコロなどを使った遊びを意味し、金品を賭ける意味も含む。「打」は賭け事を行う意味。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事