バッテラの語源・由来

【意味】
(関西で)サバの押し鮨。

【語源・由来】
ポルトガル語で「小舟」の意の「bateira(バッテイラ)」から。押し鮨の形を小舟になぞらえたもの。「バッテーラ」とも。明治二六(一八九三)年頃、大阪順慶町の鮨屋がコノシロの片身を鮨に乗せた形が、小舟に似ていたため「バッテラ」と名付けられた。これが鯖寿司に応用され、次第に〆鯖の押し鮨を「バッテラ」というようになったという。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る