アスパラガスの語源・由来


【意味】
クサスギカズラ科(旧ユリ科)の多年草。南ヨーロッパ原産。日本でも食用として栽培。葉は退化して褐色の鱗片となり、細枝は緑色で、蜜に分岐。雌雄異株。若い茎をグリーンアスパラガスとして生食、または軟白して缶詰にする。オランダキジカクシ。マツバウド。

【語源・由来】
枝が密に分岐することから、「たくさん分かれる」、「激しく裂ける」という意味のギリシア語「asparagos」に由来。新芽という意味を指す。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事