あおたがり【青田刈り】の語源・由来

【意味】
企業が、翌年卒業予定の学生の採用をかなり早い時期に決定することを、稲の実りがまだはっきりと分からない時期に買うことにたとえて「青田買い」という。これを「青田刈り」というのは、厳密には誤用である。ただし、かなり定着しつつある表現で、国語辞典に「青田買い」と同じ意味として登録されている場合もある。
【語源・由来】
稲が実らないうちから刈り取ることから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る