あしもとをみる【足元を見る】の語源・由来

【意味】
相手の弱みにつけこむこと。

【語源・由来】
駕籠かきなどが、旅行者の足の疲れ具合を見て、料金をふきかけることから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク