あまつさえ【剰え】の語源・由来


【意味】
前文を受けて、それだけでも並大抵でないのに、その上にさらに(悪いことが)加わる意を表す。そればかりか。その上に。あまさえ。近年はあまつさえが多いが、転ずる前の形のあまっさえも使う。

【語源・由来】
「あまり(余り)」と助詞の「さえ」からなる語で、あまりさえの音便あまっさえの転。促音無表記で「あまさえ」とも記す。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事