アマダイ【甘鯛】の語源・由来

【意味】
アマダイ科アマダイ属の海産硬骨魚の総称。全長30~50センチメートル。体はやや長く側篇、頭は短く、鮮赤色で横縞がある。冬に美味。南日本。朝鮮に多い。シロアマダイ・アカアマダイ・キアマダイなどがある。尼鯛。ぐじ。

【語源・由来】
食すると「甘み」があるからという説、横顔が頬被りの「尼さん」に似ているからという説がある。徳川家康が、甘鯛のあまりにものおいしさに感動したという話が『甲子余話』でみられる。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る