あきんど【商人】の語源・由来


【意味】
商いを仕事とする人。しょうにん。あきゅうど。

【語源・由来】
「あきびと」の音変化したもの。収穫の季節である秋に、収穫物を物々交換したことから、あきにおこなう、「あきなう」に変化した。それが名詞化され、「あきない」となり、あきないをする人の「あきびと」が音変化したといわれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事