ゼニガメ【銭亀】の語源・由来


【意味】
イシガメやクサガメの幼期のもの。甲羅が円く、銭に似る。

【語源・由来】
形が、江戸時代の硬貨の銭、寛永通宝一文銭または、天保通宝百文銭に似ていることから。
ニホンイシガメの子ガメの呼称だったが、ニホンイシガメの減少に伴い、近年では、クサガメの子も「ゼニガメ」と呼ぶ。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事