ゆうぜい【遊説】の語源・由来

【意味】
自分の意見を各地に説きまわること。特に、政治家が各地を演説してまわること。

【語源・由来】
「遊説」の「遊」には遊ぶという意味のほかに、見学、学問のために、よその土地に出かける、自由に動き回るという意味がある。本来の意味は、自分の意見を各地に説きまわることで、転じて、政治家が各地を演説してまわることを意味する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る