ゆだん【油断】の語源・由来

【意味】
「涅槃経」気を許して、注意を怠ること。不注意。

【語源・由来】
「油断」は、「北本涅槃経 二二」の「王が臣下に油を持たせて通りを歩かせ、一滴でもこぼしたら命を断つと命じる。という故事から、「油をこぼしたら命を断つ」が「油断」になったとされる。また、ゆったりの意の「寛に(ゆたに)」が音変化したという説もある。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る