ゆうらくちょう【有楽町】の語源・由来


【意味】
東京都千代田区南東部の地名。

【語源・由来】
江戸時代の初期に、織田信長の弟で茶人として有名であった織田長益(有楽斎(うらくさい)))の屋敷があった。有楽斎は、徳川家康から数寄屋橋御門の周辺の土地と屋敷を与えられ、その屋敷跡が「有楽原」と呼ばれていたことから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事