ゆうべ【夕べ・昨夜】の語源・由来


【意味】
(古くは清音)
①日が暮れて夜が始まろうとするころ。
②(「昨夜」と書く。一説に「ヨベ」の転。これによれば、歴史的仮名遣いは「ゆうべ」)昨日の夕方または夜。昨夜。よんべ。
③夕方から始まる催し物。

【語源・由来】
「ゆうべ」は、古くは「ゆうへ」と清音で読み、「夕(ゆう)」+その辺りの意の「へ(方・辺)」から成る語。一説によると「よべ(夜片)」の転とされる。上代には「ゆふへ」(「へ」は接尾語)といい、日暮れ時、夕方、宵を指した。その後、一日の始まりを夜中の零時としたため、ゆうべは前日の夜の意になり、「昨夜」と書くようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事