ゆび【指】の語源・由来


【意味】
手足の末端の枝のように分かれた部分。および。

【語源・由来】
「指」は、古くは「および」といい、さし出して物に及ぶところから、「及び(および)」の意味とされる。現在では、手足どちらも指と呼ぶが、元々は、「指(てゆび)」、「趾(あしゆび)」と区別された。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事