つるべずし【鶴瓶鮨】の語源・由来


【意味】
馴鮨(なれずし)の一種。奈良県吉野川のアユを下市町で鮨に製し、釣瓶形の桶に入れ、藤蔓で桶と蓋を押さえつけてならしたもの。

【語源・由来】
「鶴瓶鮨」は、酢でしめたアユの腹にすし飯を詰め、井戸水を組み上げる釣瓶形の桶に入れたことから。室町時代から見られる。元々は馴鮨だったが、現在の釣瓶鮨は押し鮨。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事