つけやきば【付け焼き刃】の語源・由来

【意味】
一時の間に合わせに、急いで知識や技能を身につけること。

【語源・由来】
付け焼き刃は刀鍛冶用語で、切れ味の良くない刀に鋼(はがね)の焼き刃を付け足したものをいう。切れ味が良く長持ちする刀は何度も地金を打って作られるが、鋼を足しただけの付け焼刃は、すぐに切れなくなり使い物にならなくなってしまうことからから。

50音インデックスで逆引き検索