つみれ【摘入・抓入】の語源・由来


【意味】
魚のすり身に卵・小麦粉・塩などを加えてすり合わせ、少しずつすくい取り、ゆでたもの。鍋や汁の実とする。

【語源・由来】
魚のすり身に卵・小麦粉・塩などを加えてすり合わせた生地を、少しずつ摘み取って汁に入れることから、「摘入れ(つみいれ)」となり、つみれとなった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事