とうだいぐさ【灯台草】の語源・由来


【意味】
トウダイグサ科の越年草。北半球に広く分布し、日本の山地にも普通。ナツトウダイ・タカトウダイなど近縁種が多い。傷つけると白色の乳液を出し、有毒。高さ10~30センチメートル。春、茎頂に5枚の葉を輪生して斜めに5本の枝を出し、一見一つの花に見える小さな黄緑色の花序を数個付け、そのありさまが昔の燭台(灯台)に似る。鈴振り花。漢名、沢漆。

【語源・由来】
「トウダイグサ」は、茎頂に5枚の葉を輪生して斜めに5本の枝を出し、一見一つの花に見える小さな黄緑色の花序を数個付け、そのありさまが昔の燭台に似ることから名付けられた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事