たんこぶ【たん瘤】の語源・由来


【意味】
瘤の俗っぽい言い方。こぶたん。

【語源・由来】
「たんこぶ」は、叩いたときの音(タン・トン)の擬音語や動詞「叩く」の音変化+こぶまたは、赤色の意の「たん(丹)」+こぶとされる。また、頭にできることが多いことから「頭(とう」が転じて「たん」になったともいわれる。「こぶ」は打撲などにより、皮膚が一時膨れ上がったもの、紐や糸などの大きな結び目を指すが、区別するために打撲の瘤に「たん」を付けたのではないかと考えられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事