しらぬい【不知火】の語源・由来


【意味】
熊本県中西部の地名。

【語源・由来】
「不知火」とは、有明海と八代海の沿岸で真夏にみられる光の異常屈折現象のこと。漁船の漁火が異常屈折によって光像を作り、無数の火が揺れ動いて見える現象。その「不知火」が見えることから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事