しのだずし【信太鮨・信田鮨】の語源・由来


【意味】
稲荷鮨(いなりずし)の別名。

【語源・由来】
「信太鮨」は、油揚げを狐が好むということから。信太の森の白狐(びゃっこ)伝説にかけていう。大阪府和泉市葛の葉町にある信太森葛葉稲荷神社で、阿倍清明の母・白狐が住んでいたといわれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事