しんけい【神経】の語源・由来


【意味】
身体各部と中枢をつなぎ、刺激や興奮などを伝達する器官。

【語源・由来】
江戸時代の中期に、前野良沢・杉田玄白らが『解体新書』を翻訳する際、オランダ語「zenuw」の訳として「神気」と「経脈」を合わせて造られた。「神気」は精神の意。「神」の字には魂や心の意味もある。「経脈」は経路の意。「経」は動脈、「路」は静脈を表す。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事