じゅばん【襦袢】の語源・由来


【意味】
和装用の下着。

【語源・由来】
ポルトガル語の音写で「襦袢」は当て字。「じばん」ともいうが、これは「じゅばん」がなまったものとされる。日本に伝わったのは一六世紀ごろで、当初は外側に着るものを指したという。「下着」の意が定着したのは江戸後期以降。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事