せっし【摂氏】の語源・由来


【意味】
温度目盛りの一つ。氷温を〇度、沸点を一〇〇度とする。

【語源・由来】
スウェーデンの天文学者でウプサラ天文台の創始者であるアンデルス・セルシウスが一七四二年に考案した。その名前を中国語に音写した「摂爾思」から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事