せんりょうやくしゃ【千両役者】の語源・由来


【意味】
世間から喝さいを浴びる、すぐれた魅力的な人物。

【語源・由来】
千両の給金がとれるほどの役者のこと。江戸時代には役者の給料は年給で定められ、最高額の基準を千両としたことから。実際には,千両を超す年給を得る役者もいた。このことから、すぐれた人気役者に対するほめ言葉になった。現在では、役者に限らず、スポーツや催し物などで目立った働きをする人に用いられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事