さんこうし【三香子】の語源・由来


【意味】
フトモモ科の落葉高木、またその未熟果を乾燥した香辛料。西インド諸島の原産で、主要な香辛料クローブ(丁子)・シナモン(肉桂)・ナツメグの香気を併せ持つもので、オールスパイスとも呼ばれる。ピメント。

【語源・由来】
主要な香辛料クローブ(丁子)・シナモン(肉桂)・ナツメグの三つの香気を併せ持つものであることから、「三香子」と呼ばれる。また、スパイスの代表の香りをまぜ合わせたようなという意味から、オールスパイスまたは「百味胡椒」と呼ばれる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事