ろうぜき【狼藉】の語源・由来


【意味】
乱暴にふるまうさま。

【語源・由来】
もとは狼の寝床の意。「藉」には「敷く」や「踏む」「雑」などの意味があり、狼が草を藉(し)いて寝た後は乱れていることから、多くのものが散乱しているさまをいう。転じて。日本では、「乱暴なさま」の意になった。中国の通史『史記 滑稽列伝』による。「落花狼藉」は、「花が散り乱れること」をいう和製四字熟語で「和漢朗詠集」にあることば。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事