ろうえん【狼煙】の語源・由来


【意味】
敵の襲来などを知らせるために上げる火や煙。のろし。

【語源・由来】
「のろ」は野良、「し」は気、あるいは火の意。古く中国では、狼のふんを薪にまぜて燃やしたことから。ふんを加えると、風が吹いてもまっすぐに立ちのぼるとされた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事