りょうり【料理】の語源・由来


【意味】
食材を調理し、食べられるように調えること。また、その食べ物。

【語源・由来】
本来は、物事をうまく処理すること、切り盛りすることをいった。「料」は「米」と「斗」を合わせた「計る」という意味を持つ字、「理」は「おさめる」といった意味で、転じて、日本では調理の意になった。うまく処理する意で「難敵を料理した」のようにも用いられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事