ろうばしん【老婆心】の語源・由来


【意味】
必要以上の親切心。

【語源・由来】
仏教用語の「老婆心切」が語源。年をとった女性が子や孫をかわいがったり、余計な忠告をしたり、世話を焼きがちだったりするように、師が弟子をいつくしみ導くこと。また、そのような心遣い。自分の心遣いをへりくだっていうことば。相手に「それは老婆心ですよ」というのは誤り。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事