ぬれぎぬ【濡れ衣】の語源・由来


【意味】
無実の罪。根も葉もないうわさ。「濡れ衣を着せる」や「濡れ衣を着せられる」という様に用いられる。

【語源・由来】
奈良時代には、濡れ衣は文字通り、雨水や海水などに濡れた衣服のことを指したが、平安以降、多く「無実の浮き名」の意で用いられた。これは、先妻の娘をうとましく思う後妻が、漁師の濡れ衣を娘の寝室に置き、漁師と密通しているように見せかけて陥れたという伝説からという。「ぬれごろも」とも読む。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事