ないしょ【内緒】の語源・由来

【意味】
他に知られないように秘密にすること。

【語源・由来】
元は、「内証(ないしょう)」で、自らの心のうちで真理を悟ること。「自内相」ともいう。心のうちは、外からうかがい知ることができないことから、秘密にすること、内々にすることの意が生じた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク