もとのもくあみ【元の木阿弥】の語源・由来


【意味】
いったんよくなったものが、ふたたび元の状態に戻ること。

【語源・由来】
戦国時代、大和(奈良県)の武将筒井順昭が病死した際、跡継ぎの順慶が幼かったためその死を隠し、順昭に声の似ていた盲人木阿弥をその替え玉とした。順慶が成長して順昭の死を公表すると、木阿弥はもとの生活に戻ったという故事から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事