みっかてんか【三日天下】の語源・由来


【意味】
きわめて短い期間しか権力や地位を保てないこと。

【語源・由来】
「三日」というのはごく短い期間のたとえにいうもの。戦国時代、織田信長を襲って天下を取った明智光秀が、わずか十三日で羽柴(豊臣)秀吉に討たれてその座を奪われたことにちなむ。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事