みからでたさび【身から出た錆】の語源・由来

【意味】
自分の悪事が原因で受ける苦しみ。自業自得。

【語源・由来】
「身」は刀の鞘に納まっている部分を指す「刀身」のこと。 刀の手入れを怠ると刀身から錆が発生し、いざという時に使い物にならず、自分自身の命を落とすことになることから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク