くよう【供養】の語源・由来

【意味】
仏や死者の霊に供え物をして冥福を祈ること。

【語源・由来】
梵語のpūjanāの訳語で、尊敬する、崇拝するの意。本来は、奉仕し尊敬心をもって仕えることをいったが、礼拝を意味する言葉になった。また、供養は法会を営むという意味もあり、死者の冥福を祈る追善供養、新しい仏像の開眼供養などがある。

50音インデックスで逆引き検索