キャビアの語源・由来


【意味】
チョウザメの卵の塩漬け。珍味で高価な食材として有名。

【語源・由来】
キャビアは、魚卵(筋子や腹子)を意味するトルコ語「khaviar」がイタリア語に入って「caviaro」「caviale」となり、スペイン語に入り「cavial」「caviar」となり、フランス語・英語で「caviar」となった語。大正時代後半、亡命ロシア人が高級料理として日本に紹介し、親しまれるようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事