かぐら【神楽】の語源・由来


【意味】
①皇居及び皇室とのかかわりが深い神社で神をまつるために奏する歌舞。伴奏楽器は(笏拍子)・篳篥(ひちりき)・神楽笛(かぐらぶえ)・和琴(わごん)の4種。毎年12月に賢所(かしこどころ)で行われるものが代表的。②と区別する場合は御神楽。神遊。
②民間の神社の祭儀で奏する歌舞。①と区別する場合は里神楽という。全国各地に様々な系統がある。
③能の舞事。リズム豊かな曲で、小鼓が神楽特有の譜を奏し、女神・巫女などが幣(みてぐら)を手に舞う。
④狂言の舞事。能とは別の曲。巫女が鈴と扇を手にして舞う。
⑤歌舞伎囃子の一群。宮神楽・早神楽・本神楽・夜神楽(大べし)・三保神楽・岩戸・「あばれ」などがあり、神社またはその付近の場面に用いるのを原則とする。
⑥地歌。手事物(てごともの)。18世紀中頃、津山検校作曲。賀茂社の神楽とその弥栄を歌ったもの。別称、洞の梅。

【語源・由来】
「カグラ」は、「カクラム(神座)」が転じたもの。神楽が、神座を設けて舞楽を奏したことから。漢字の「神楽」は、神をまつるための歌舞という意味から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事