ほうほうのてい【這う這うの体】の語源・由来


【意味】
今にも這い出さんばかりの様子。散々な目にあってかろうじて逃げる様子。

【語源・由来】
「這う這うの体」の「這う這う」は、這うようにして、這いながら、かろうじて歩いてという意味。転じて、散々な目にあってかろうじて逃げる様子をいうようになった。「体(てい)」は、外から見たありさま。「態(てい)」とも書く。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事