ボールペンの語源・由来

【意味】
小鋼球をペン先に装置し、運筆に応じて回転し軸内の糊状インクを滲出させて書くペン。

【語源・由来】
「ボールペン」は、英語「ballpoint pen」を略した語。小鋼球がペン先にはめこまれていることからの名。1943年にハンガリー人のラディスラオ・ビロが開発し、1944年、改良されたものがアメリカで販売された。日本には、第二次世界大戦後、進駐軍兵士によって紹介された。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る