ほとけのかおもさんど【仏の顔も三度】の語源・由来


【意味】
どんなに穏やかな人でも、無礼が続けば怒り出す。

【語源・由来】
「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」の略。仏といえども、日に三度も顔を撫でつけられれば腹が立つという意から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事