はやて【疾風・早手】の語源・由来


【意味】
①(「て」は風の意)急に激しく吹きおこる風。寒冷前線に付随することが多く、降雨・降雹などを伴うことがある。急風。陣風。しっぷう。はやち。
②(昔はかかるとすぐに死んだからいう)疫痢の異称。

【語源・由来】
「はやて」は早いの意の「はや」+風の意の「て」から成る語。「はやち」ともいい、「ち」は、「東風(こち)」の「ち」と同じ風の意。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事