はんじょうをいれる【半畳を入れる】の語源・由来


【意味】
他人の言動に非難やからかいの言葉をかける。

【語源・由来】
半畳は、江戸時代の芝居小屋で敷く畳半分ほどのござのこと。現在の座席指定料のようなもので、観客が入場料として半畳を買い、これを敷いて見物していた。役者が下手な芝居をしたときなどは、これを舞台に投げ入れたことから、他人に対して野次や茶化した言葉を浴びせることをいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事