はしたがね【端金】の語源・由来


【意味】
わずかの金銭。中途半端の小銭。はしたぜに。はしたせん。

【語源・由来】
「はしたがね」の「はした」は「端」+接尾語の「た」から成る語で、不足なこと、中途半端であるさまを表す。「はしたない」の「はした」と同源。このことから、「はしたがね」は、中途半端な小銭、わずかの金銭を意味する。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事