ばべるのとう【バベルの塔】の語源・由来


【意味】
とうてい実現できそうもない計画。

【語源・由来】
聖書の地名シナルの古都で、旧約聖書の創世記にある伝説上の塔の名。人が天に達するほどの高塔を建てようとすると、神はそのおごりを憎み、人々の言葉を混乱させて建造を中止させた。これによって、世界に多くの言葉が生まれ、言葉が通じにくくなったとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事